広告 ドライフルーツ

プラム・プルーン・すももの魅力を大解剖!違いはどこ?健康効果も

プルーン

プルーン

プラム、プルーン、すももは、どれも美味しいフルーツですが、それぞれ何が違うのかご存知ですか?

この記事では、それぞれの違いや魅力、健康効果、料理法などを徹底解説いたします。

プラムは西洋が原産地で、すももは中国が起源とされています。

見た目や味も違いがあり、プラムは甘みが強く魅力的な色を持ち、すももは酸味が特徴的です。

また、プルーンはプラムを乾燥させたもので、特に健康効果が注目されています。

それぞれのフルーツが持つ栄養成分や美容効果もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

さらに、料理法やおすすめのレシピも紹介いたしますので、それぞれのフルーツをより楽しめるようになります。

最後に、選び方や保存方法も解説しますので、新鮮なフルーツを長く楽しめるようになります。

ぜひ、プラム・プルーン・すももの魅力を存分に堪能していただきたいです。

 

プラム、プルーン、すももの違いを徹底解説!魅力や味の違いも

プラム、プルーン、すももは一見似ているものの、実はそれぞれ違いがあります。

プラム

プラム

プラムは西洋品種で、アメリカやヨーロッパで人気のある果物です。

西洋すももと呼ばれることもあります。

すもも

すもも

一方、すももは東洋品種で、中国や日本で広く親しまれています。

日本すももと呼ばれることもあります。

プルーン

プルーン

また、プルーンは乾燥させたプラムで、その栄養価や健康効果が高く評価されています。

ただし、分類上、プラムとプルーンを分けて考えられる場合もあります。

その場合、果皮が赤いものをプラム、濃い紫色のものをプルーンとする分類法もあるようです。

 

それぞれの果物の特徴を見ていくと、プラムは皮が薄く、果肉がやわらかく甘みが強いため、生食やジャムなどの料理にも使われます。一方、すももは酸味が特徴で、果肉がしっかりしているため、生食や料理に用いられることが多いです。プルーンは乾燥させることで、さらに甘みが増し、食物繊維やミネラルが豊富になります。

今回は、プラム、プルーン、すももの違いを徹底解説するとともに、それぞれの魅力や味の違いについてもご紹介します。どれも美味しくて栄養たっぷりの果物ですので、ぜひお試しください。

プラム、プルーン、すももの原産地と歴史

それぞれの果物の原産地と歴史を見てみましょう。プラムは原産地がヨーロッパで、中世から栽培されていました。種類も多く、バラエティ豊かです。一方、すももは中国が原産地で、古くから東洋で愛されてきました。現在では日本の長野県が主な生産地となっています。

プルーンはプラムを乾燥させたもので、乾燥の方法が古代エジプトから伝わっています。アメリカのカリフォルニア州が現在の主な生産地で、健康食品としても利用されています。これらの果物は長い歴史を経て、今も世界中で親しまれていることがわかります。

プラムとすももの見た目や味の違い

プラムとすももの見た目や味の違いを比較してみましょう。プラムは丸みを帯びた形で、皮は紫色がかった赤で、果肉は黄色がかったオレンジ色です。一方、すももは丸くて小ぶりで、皮は紫色がかった緑色で、果肉は黄色です。

味の違いでは、プラムは甘みが強くて香りも豊かですが、すももは酸味が強いのが特徴です。どちらも栄養価が高く、美味しい果物ですが、その違いを理解して使い分けることで、さらに楽しめるでしょう。

旬な時期においしいプラムとすももの違い

プラムとすももは、どちらも果物の仲間であり、多くの人に親しまれています。しかし、両者は原産地や栽培方法、特徴などに違いがあります。

まず、原産地についてですが、すももは中国が原産地で、古くから日本で栽培されております。一方、プラムは西洋が原産地で、アメリカやヨーロッパで主に栽培されています。そのため、プラムは西洋スモモとも呼ばれることがあります。

また、果実の特徴に関しては、すももは皮が紫色で酸味が強く、果肉が白っぽい色をしています。対してプラムは、皮が様々な色で、果肉も黄色や赤色が多いです。味の面では、すももは酸味が強いのに対し、プラムは甘みが強いです。

さらに、利用方法の違いもあります。すももは生食やジャム、果汁など幅広く利用されています。プラムは生食のほか、ドライフルーツのプルーンに加工されることも多くあります。

それぞれの旬な時期をお楽しみいただくことで、より美味しく召し上がっていただけます。すももは6月から7月にかけて、プラムは7月から9月にかけてが旬です。

プルーンの特徴と乾燥させる理由

created by Rinker
ミキプルーン
¥1,580 (2024/04/22 03:22:28時点 Amazon調べ-詳細)

プルーンは、プラムを乾燥させたもので、乾燥方法によっては栄養価が高くなることから、健康や美容にも良いとされています。

プルーンの特徴としては、甘みや酸味が強く、食物繊維やミネラルが豊富であることが挙げられます。また、乾燥させることで保存性が向上し、手軽に持ち運びや摂取が可能になるため、忙しい現代人にも人気です。

プルーンを乾燥させる理由はいくつかあります。一つ目は、保存性を向上させることです。乾燥することで水分が減り、腐りにくくなります。

二つ目は、栄養価が高くなることです。乾燥させると、果物の中のミネラルや繊維が濃縮され、1つ摂取するだけで栄養が豊富に摂れます。

三つ目は、食感や味が変化し、より美味しくなることです。乾燥させることで、甘みが増し、食感も柔らかくなります。

すもも、プラム、プルーンの健康効果と美容効果

すもも、プラム、プルーンは、健康効果や美容効果が期待できるフルーツです。

まず、すももには、ビタミンやミネラルが多く含まれており、抗酸化作用があり、免疫力向上や疲労回復の効果が期待できます。また、食物繊維が豊富で、便秘解消に役立ちます。

次に、プラムは、ビタミンCやEが豊富で、抗酸化作用があり、美肌やアンチエイジングに効果的です。また、鉄分やカリウムが多く含まれ、貧血予防やむくみ解消に良いとされています。

最後に、プルーンは、食物繊維が非常に豊富で、便秘解消に効果的です。また、カリウムやビタミンKが多く含まれており、骨や筋肉の健康に良い影響を与えます。さらに、プルーンに含まれるクロロゲン酸は、抗酸化作用が強く、美容や健康にも良いとされています。

それぞれの特徴を踏まえて、健康や美容効果を目的として、すもも、プラム、プルーンを適切に摂取しましょう。もちろん、適量を守って楽しむことが大切です。

プラム・すももの栄養成分と健康効果

プラムとすももには、多くの栄養成分が含まれており、様々な健康効果が期待できます。まず、ビタミンCが豊富に含まれており、抗酸化作用や免疫力向上の効果があります。また、食物繊維も多く、便秘解消や腸内環境の改善に役立ちます。

さらに、鉄分やカリウム、カルシウムなどのミネラルも含まれており、貧血予防やむくみ解消、骨密度向上に効果的です。果実には、ポリフェノールも含まれており、抗酸化作用で老化防止やがん予防の効果も期待できます。

また、プラムには果肉や皮に含まれるクエン酸による、疲労回復や抗疲労作用も期待されます。すももも含んでいる酸味により、食欲増進や消化促進に効果があります。

これらの栄養成分と健康効果から、プラムやすももを積極的に摂取することで、健康維持や美容効果が期待できます。

プルーンの栄養成分と健康効果

プルーンは乾燥したプラムで、多くの栄養成分を凝縮しており、健康効果が豊富です。特に、食物繊維が非常に多く含まれているため、便秘解消や腸内環境の改善に効果的です。

また、プルーンにはビタミンKや鉄分が豊富で、骨密度の向上や貧血予防に役立ちます。さらに、ポリフェノールや鉄分、カリウムなどのミネラルも含まれており、抗酸化作用や血圧の改善、むくみ解消にも効果が期待できます。

プルーンには、ビタミンAやビタミンEも豊富で、美肌効果や抗酸化作用、免疫力向上の効果があります。

以上の栄養成分と健康効果から、プルーンは健康に良い食品であることがわかります。

すもも・プラム・プルーンが美容にも役立つ!その理由は?

すもも・プラム・プルーンが美容に役立つ理由は、その栄養成分にあります。ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す働きがあり、美肌効果が期待できます。また、ポリフェノールやビタミンEは抗酸化作用があり、シワやしみの予防に効果的です。

さらに、プラムやプルーンに含まれるビタミンAは、肌のターンオーバーを促進し、美肌に役立ちます。すもも・プラム・プルーンのミネラルも、肌の水分保持や代謝をサポートし、美容に効果があります。

これらの栄養成分により、すもも・プラム・プルーンは美容効果が期待できる食品となっています。

おすすめのプラム・プルーン料理、ジャムやデザートのレシピ紹介

mita プラム タルト 直径13cm 洋菓子 ケーキ お取り寄せスイーツ ギフト 冷凍 プレゼント 母の日 父の日 バレンタイン ホワイトデー クリスマス
mita

プラムとプルーンはそれぞれ独自の特徴を持つ果物であり、料理やデザートに利用できます。以下に、おすすめのプラム・プルーン料理やジャム、デザートのレシピを紹介します。

- プラムのタルト:生地にプラムを並べて焼くだけの簡単デザート。酸味と甘みのバランスが絶妙です。

- すもものコンポート:すももを砂糖と一緒に煮たもの。そのまま食べても、ヨーグルトやアイスクリームと一緒にも美味しい。

- プルーンのクリームチーズディップ:プルーンを細かく刻んで、クリームチーズやヨーグルトと混ぜて作るディップ。クラッカーや野菜につけても美味。

- プラムのジャム:プラムの果実を煮詰めたジャムは、パンやヨーグルトに最適です。酸味が効いており、甘さ控えめのジャムがお好きな方におすすめ。

これらのレシピは簡単に作れるため、ぜひ試してみてください。プラムやプルーンを料理やデザートに活用することで、栄養価も高く、美味しい食事が楽しめます。

すももを使ったジャムの作り方

created by Rinker
つむぎ野
¥713 (2024/04/21 21:26:30時点 Amazon調べ-詳細)

すももは、日本の夏の果物として人気があります。酸味と甘みのバランスが特徴的で、ジャム作りにも適しています。以下に、簡単なすももジャムの作り方をご紹介いたします。

まず、必要な材料は以下のとおりです。

- すもも 500g

- グラニュー糖 200g

- レモン汁 大さじ1

作り方は以下の通りです。

1.すももは洗って、核を除き、適当な大きさに切ります。

2.鍋にすももとグラニュー糖を入れ、砂糖がまんべんなくすももにかかるように混ぜます。

3.中火にかけ、砂糖が溶けたら弱火にしてコトコト煮詰めます。その際、レモン汁を加えて酸味を調整します。

4.お好みの濃度になったら火からおろし、粗熱が取れたら保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

このジャムは、トーストやパンケーキに塗っても美味しいですし、ヨーグルトに入れたり、アイスクリームにかけたりしてもおいしいですよ。ぜひお試しください。

プラムとプルーンで作るデザートのレシピ

プラムとプルーンを使ったデザートは、フルーツの風味と栄養を存分に楽しめるおすすめの一品です。ここでは、プラムとプルーンを使った簡単デザートのレシピをご紹介いたします。

【プラムとプルーンのコンポート】

まずは、プラムとプルーンのコンポートの作り方です。必要な材料は以下のとおりです。

- プラム 5個

- プルーン 10個

- 砂糖 大さじ3

- 水 500ml

- レモン汁 大さじ1

作り方は以下の通りです。

1.プラムは洗って、皮をむいて、くし型に切ります。プルーンは水で戻しておきます。

2.鍋に水と砂糖を入れ、砂糖が溶けたらプラムとプルーンを加えます。

3.弱火で15分ほど煮る中、時々かき混ぜます。加熱後、レモン汁を加え、冷まして完成です。

このコンポートは、そのまま食べても美味しいですし、アイスクリームやヨーグルトと一緒に食べると格別の味わいが楽しめます。

おいしいプラム・プルーン料理のコツとポイント

プラムやプルーンを使った料理をおいしく作るためには、以下のコツとポイントを押さえておくと良いでしょう。

1.新鮮な果実を選ぶ

プラムやプルーンは新鮮なものを選びましょう。色艶が良く、果肉がしっかりとしたものがおすすめです。

2.酸味のバランスを整える

プラムやプルーンは酸味が強いので、砂糖やはちみつで甘みを加え、酸味と甘みのバランスを調整しましょう。また、レモン汁を加えることで酸味を調整することができます。

3.適切な加熱時間

プラムやプルーンは加熱しすぎると食感が悪くなることがあります。適切な加熱時間を守り、食材を十分に煮込むことで、食感を損なわず美味しい料理ができます。

このように、プラムやプルーン料理はコツとポイントさえ押さえれば、美味しいデザートや料理に仕上がります。ぜひ、上記のレシピを参考にお家でお試しください。

すもも、プラム、プルーンの選び方と保存方法

すもも、プラム、プルーンは、それぞれ異なる特徴を持つ果物ですが、選び方と保存方法にも共通点があります。まず、すべての果物を選ぶ際に大切なのは、熟度と鮮度です。熟した果物は、色が鮮やかで、ほどよい硬さと甘みがあります。

鮮度が高いものは、皮がつやつやしており、傷やシミがないことがポイントです。

すももとプラムは、生食用の果物ですので、保存方法は冷蔵庫での保存が一般的です。ただし、果物が触れ合わないように、新聞紙やタオルで包んで保護することがおすすめです。その際、果物を1つずつ包むと、果汁が他の果物に付着するリスクが減ります。

一方、プルーンは乾燥果物ですので、保存方法が異なります。プルーンの場合、保存に適した密閉容器に入れ、冷暗所で保存することが大切です。気密性の高い密閉容器を使用することで、多湿や虫食いのリスクを減らすことができます。また、定期的に容器の中をチェックし、カビや虫が発生していないか確認しましょう。

旬のプラム・すももの見分け方と選び方

旬のプラムやすももを選ぶ際には、まず色を見ることが大切です。プラムは紫色のものが多く、すももは赤や黄色が一般的ですが、果物によって色の濃淡が異なります。熟した果物は、色が鮮やかで均一です。

また、果肉を指で軽く押したときに、柔らかすぎず硬すぎないことが熟度の良いサインです。果汁が染み出しすぎていないこともポイントです。最後に、香りが良く、酸味と甘みがバランスよく感じられるものがおいしい果物です。

生プルーンの選び方と保存方法

生プルーンを選ぶ際には、皮のきれいなものを選びます。傷やシミ、凹みのないものが良いでしょう。また、果肉がやわらかく、弾力があり、触った感じで果汁が感じられるものが熟していておいしいです。

生プルーンの保存方法は、冷蔵庫での保存がオススメです。果物が触れ合わないように、新聞紙やタオルで包み、果物を1つずつ分けて保存しましょう。他の果物と違い、生プルーンは比較的日持ちがするため、約1週間ほどの保存が可能です。

ドライプルーンの選び方と長期保存のコツ

ドライプルーンの選び方は、色や大きさが均一で、皮が艶やかなものが良いでしょう。また、ドライプルーンは乾燥しているため、手に持った時の重量感や、指で押した時の弾力が重要なポイントです。

長期保存のコツは、密閉容器を使用して、乾燥した冷暗所で保存することです。定期的に中身をチェックして、カビが発生していないか確認しましょう。

すもも、プラム、プルーンの違いと活用法のまとめ

このように、すもも、プラム、プルーンはそれぞれ特徴が異なりますが、選び方や保存方法にも共通点があります。熟度や鮮度を重視し、適切な保存方法を活用して、それぞれの果物を楽しみましょう。

活用法もさまざまで、生食やジャム、お菓子など幅広く楽しめます。ぜひお気に入りの果物を見つけて、日々の食生活に彩りを添えてください。次回は、果物を使った簡単レシピを紹介しますので、お楽しみに!

-ドライフルーツ