広告 魚介の知識

スーパーのししゃもはカペリン(樺太ししゃも)?驚きの事実と見分け方!

ししゃも

からふとししゃも

スーパーで手に入れたししゃもが、実はカペリンという魚である可能性があることをご存知でしょうか。

この記事では、そんなししゃもとカペリンの違いや見分け方について詳しく解説しています。どうしてスーパーで売られるししゃもがカペリンなのか、その理由や両魚の特徴、見た目や味の違いを一覧で比較しています。

また、本物のししゃもを手に入れる方法やおすすめのレシピも紹介していますので、ししゃもが大好きな方やこれからししゃもを利用した料理に挑戦しようと思っている方にも役立つ内容となっています。

最後にまとめとして、本物のししゃもとカペリンの違いや見分け方を知り、賢く美味しいししゃも料理を楽しんでみてください。

 

スーパーで疑問に思ったししゃもの正体とカペリンの存在

created by Rinker
築地魚群
¥475 (2024/04/22 03:03:28時点 Amazon調べ-詳細)

北海道をはじめとする日本各地で親しまれている「ししゃも」、別名「柳葉魚」とも呼ばれています。

しかし、スーパーで手に入るものは本物のししゃもではなく、カペリン(樺太ししゃも)と呼ばれる魚が使われていることがあります。この記事では、ししゃもとカペリンの違いや、カペリンがなぜスーパーのししゃもとして流通しているのかを解説します。

都市伝説?スーパーのししゃもがカペリンって本当?

実は、スーパーで販売されているししゃもの中には、カペリンという魚が使われていることが一部で知られています。カペリンは見た目や味がししゃもに似ているため、代用品として利用されているのです。ししゃもとカペリンの最大の違いは、ししゃもが内蔵を含めて食べられるのに対し、カペリンは内蔵が苦くて食べられないことです。

また、ししゃもは日本固有の魚で、特に北海道の沿岸域に生息しています。一方、カペリンは北太平洋の広い範囲で見られる魚で、漁獲量が多いため価格も安く、一般的に流通しやすい魚です。

カペリン(樺太ししゃも)とは何魚?その特徴と生息地について

カペリンは、北太平洋を中心に広範囲に分布している海水魚です。ししゃもに似た細長い形をしています。また、カペリンは太平洋沿岸を回遊し、産卵のために沿岸部の浅い海域に移動します。

味や栄養面でも、カペリンはししゃもに似ており、タンパク質やビタミンなどの栄養素が含まれています。通常は、ししゃもよりも身が少し硬く、脂ののりが少ないとされています。そのため、ししゃもよりもカロリーが低いので、ダイエット中の人にもおすすめです。

これらの理由から、カペリンはスーパーで売られるししゃもの代用品として利用されています。しかし、本物のししゃもを味わいたい場合は、北海道などで直接購入することをおすすめします。

カラフトシシャモ(カペリン)とししゃもの違いを一覧で徹底解説

カラフトシシャモとししゃもは、見た目が似ているため、よく混同されがちですが、実際には大きな違いがあります。それらの違いを理由や具体例を交えて、まとめていきます。

まず、カラフトシシャモ(カペリン)は、北海道沿岸部や太平洋沿岸部で回遊し、産卵のため沿岸にやってくる魚です。一方、ししゃもは、北海道の特産で、川を遡上して産卵します。

また、味の違いもあります。カラフトシシャモは、脂が少なく、身がやや硬めであるのに対し、ししゃもは、脂がのっていて、身が柔らかく、風味豊かです。

最後に、カペリンは、主に値段が安いことから、一般に広く流通しており、ししゃもに比べて手に入りやすいですが、栄養価はししゃもに劣ります。

ししゃもとカペリンの違いに焦点を当てた見た目や味の比較

見た目の違いから見ていきましょう。ししゃもは、小型で細長く、腹側には黒い卵がぎっしり詰まっています。一方、カラフトシシャモは、大型で、卵の詰まり具合も少ないのが特徴です。

次に味の違いを比較します。ししゃもは、身が柔らかく、甘みがあり、脂がのっているため、味わい深いです。しかし、カペリンは脂が少なく、身も硬めで、食感が異なります。

また、ししゃもの方が栄養価が高く、特にDHAやEPAが豊富で、健康に良いとされています。一方、カペリンは、栄養価はあるものの、ししゃもほどではありません。

真偽を見分けるポイント!ししゃもとカペリンの外見の違い

本ししゃも

本ししゃも

ししゃも

カラフトししゃも

 

ししゃもとカペリンの外見の違いを見分けるポイントを紹介します。

注意ポイント

  1. 大きさ: ししゃもは全長が10-15cm程度、カペリンは全長が15-20cm程度。
  2. 体色: ししゃもは薄い銀色、カペリンはやや濃い銀色。
  3. 卵の詰まり具合: ししゃもは腹部が卵で膨らんでいるのに対し、カペリンは卵の詰まりが少ない。

これらの違いを見分けることで、真偽を判断することができます。

ウマミの違い!ししゃもとカペリンの味の比較

ししゃもとカペリンは見た目が似ていますが、味に違いがあります。ししゃもの方が脂がのっており、ウマミが強く、カペリンは淡白な味わいが特徴です。

ししゃもは北海道で漁獲されることが多く、子持ちのメスが特に人気です。子持ちのししゃもは脂がのっていて、焼いても身がふっくらしております。

一方、カペリンは北の沿岸部や太平洋で漁獲されます。カペリンの身にはししゃもほどの脂がなく、お寿司のネタに使われることもあります。

味の違いは、生息地域や食べ物によるものです。ししゃもは川や沿岸で産卵のために回遊し、カペリンは広範囲に消費されるため、味に違いが生じます。

また、旬の時期も異なります。ししゃもは10月から11月ごろが旬で、この時期には脂が乗っていておいしいです。カペリンは春から夏にかけて旬を迎えます。

どちらも日本の食卓で大変人気がありますが、味の違いを知ることで、より楽しむことができます。

健康にも影響?ししゃもとカペリンの栄養価の違い

ししゃもとカペリンは、栄養価も異なります。ししゃもはカルシウムやビタミンDが豊富で、骨や歯の健康に役立ちます。また、良質なたんぱく質やオメガ3脂肪酸も含まれています。

一方、カペリンにはビタミンB12が多く含まれており、貧血予防や神経の健康に有益です。また、鉄分も多く含まれているため、女性にもおすすめです。

どちらも栄養価が高いことから、健康的な食事には欠かせません。ただし、摂取する量には注意が必要です。

本物のししゃもを見つける方法と入手先の紹介

本物のししゃもは、身がふっくらとしていて、脂がしっかりと乗っています。また、見た目もカラフトシシャモは柳葉魚に似ていて、全体的に細長い形状です。

本物のししゃもを見つける方法は、スーパーや専門店で商品名や原産地をチェックすることです。本物のししゃもは、北海道産と明記されていることが多いです。

カラフトシシャモに対し、本シシャモと表記されている場合もあります。

また、インターネット通販や北海道土産店でも購入できます。ただし、価格が高くなることがありますので、予算に合わせて選択してください。

さらに、地元の漁港や市場で直接購入することもできます。新鮮なものを手に入れることができますが、場所によっては入手が難しいことがあります。

本物のししゃもを見つける際は、商品名や原産地をチェックすることが大切です。それぞれの入手先に合った方法で、美味しいししゃもを楽しんでください。

スーパーで本物のししゃもを見分けるコツとポイント

スーパーで本物のししゃもを見分けるためには、以下のポイントに注意しましょう。

- 見た目: 本物のししゃもは、カラフトシシャモという種類で、柳葉魚とも呼ばれます。身が細長く、頭が小さめで目が大きいのが特徴です。カペリンに比べて腹部が膨らんでいて、子持ちの場合は卵が見えることが多いです。

- 季節: ししゃもの旬は、10月から11月。この時期にスーパーで見かけるししゃもは、確率が高いです。

- 産地: 本物のししゃもは北海道を中心に流通しており、特に沿岸部の河川で獲れるものが美味とされています。

- 値段: カペリンに比べて、ししゃもは高級であることが多く、値段で見分けることができます。

- 商品名: カラフトシシャモと表示されているものは信頼できるでしょう。

これらのポイントを参考に、本物のししゃもを見分けて美味しい食卓を楽しみましょう。

信頼できるお店や地域での購入方法

信頼できるお店や地域で本物のししゃもを購入する方法を紹介します。

まず、地元の鮮魚店やスーパーで、北海道産のししゃもを探してみましょう。地元の店は、厳選された商品が揃っていることが多いです。また、北海道の漁港直送のオンラインショップを利用することもおすすめです。こちらのサイトでは、新鮮で美味しいししゃもが購入できます。さらに、購入時期も重要で、10月から11月が旬の時期なので、その時期を狙って購入しましょう。これらの方法を参考に、信頼できるお店や地域で本物のししゃもを手に入れてください。

ししゃもとカペリンを美味しく楽しむためのレシピ集

ししゃもとカペリンを美味しく楽しむためのレシピ集をご紹介します。

1. 塩焼き: シンプルに塩を振って焼くだけで、魚本来の味が楽しめます。焼く時間は2分程度が目安です。

2. 生姜醤油煮: ししゃもやカペリンを生姜醤油で煮込むことで、風味豊かな一品になります。

3. カリカリ焼き: 小麦粉や片栗粉をまぶして焼くことで、外はカリカリ、中はジューシーに仕上がります。

4. 卵とじ: ししゃもやカペリンに卵をかけて蒸し焼きにすることで、ふんわりとした食感が楽しめます。

5. チーズ焼き: ししゃもやカペリンの上にチーズをのせて焼くと、濃厚でコクのある味わいになります。

6. 天ぷら: サクサクの衣と、ししゃもやカペリンの身の旨味が絶妙な組み合わせです。

7. 刺身: 新鮮なししゃもやカペリンなら、刺身でも美味しくいただけます。

これらのレシピを試して、ししゃもとカペリンを美味しく楽しんでください。また、アレンジやトッピングも自由に楽しむことで、さらに美味しい食卓が広がります。

ししゃも料理で定番の焼き方とポイント

ししゃも料理で定番の焼き方は、焼き魚グリルを活用してシンプルに焼く方法です。まず、ししゃもを水で洗い、水気を拭き取ります。

次に、グリルを予熱し、ししゃもを並べます。焼き色がつくまで焼いたら、裏返して同様に焼きます。焼き上がったら、盛り付けてお好みでレモンを添えて召し上がります。

焼きししゃものポイントは、焼き時間です。焼きすぎると身が固くなりますが、焼き足りないと味が引き立ちません。

また、焼く前に軽く塩を振ると、味が引き締まります。

適切な焼き加減で、美味しい焼きししゃもを楽しみましょう。

カペリンを使ったおすすめのレシピと調理方法

カペリンを使ったおすすめのレシピは、カラフトシシャモのフライで、カペリンはコストパフォーマンスが良く、ししゃもに似た味わいが楽しめます。

まず、カペリンに塩と酒を加え、下味をつけます。

次に、薄力粉、溶き卵、パン粉を順番にまぶしていきます。

熱した揚げ油で、衣がサクサクになるまで揚げます。

油を切って、お好みでタルタルソースを添えて召し上がります。

また、カペリンの南蛮漬けも人気のレシピです。揚げたカペリンに、野菜と一緒に酢みそを絡めるだけで、簡単に作れます。

カペリンは、ししゃもと違い回遊魚であり、脂ののりが良く、栄養豊富です。

ぜひ、カペリンを使った料理をお試しいただき、味の違いを楽しんでみてください。

まとめ:本物のししゃもとカペリンの違いや見分け方を知ろう

本物のししゃもとカペリンは、見た目や味に違いがありますが、料理で美味しくいただけます。

本物のししゃもは、北海道沿岸でしか獲れず、子持ちで味が濃厚です。

カペリンは、子持ちでなく、回遊性の魚で、栄養が豊富です。

見分け方は、ししゃもは身が透き通っており、カペリンは身が白く、太平洋沿岸に生息します。

これからの食卓に、本物のししゃもやカペリンを取り入れて、違いを味わってみてください。

この記事の他にも、様々な料理や食材に関する情報が満載です。ぜひ、次のページもご覧になって、さらに興味深い情報を得てくださいね。

-魚介の知識