広告 干し肉まとめ

トルコ&エジプトの肉の秘密!パストゥルマとバステルマ

干し肉

干し肉

トルコ料理とエジプト料理では、それぞれ国民に愛される肉料理が存在します。パストゥルマとバステルマという二つの肉料理に興味はありませんか?

この記事では、

- 両方の肉料理の歴史

- パストゥルマとバステルマの違い

- 美味しい食べ方やレシピ

- 世界各国の肉の保存方法

などを詳細に解説します。肉料理が好きな方や、トルコやエジプトに旅行を予定している方にとっては、ぜひ押さえておきたい知識です。

また、記事を読み進めるうちに、パストゥルマと見た目が似ているハムやベーコンとの違い、香辛料の使用方法や保存方法などもわかります。この記事を読めば、トルコやエジプトの肉料理に詳しくなれること間違いありません。

 

パストゥルマとバステルマの謎を解き明かす

パストゥルマとバステルマは、それぞれトルコとエジプトで親しまれている伝統的な肉料理です。どちらも乾燥させた肉を使っており、塩漬けにして長期保存が可能な点も共通しています。違いは使用される肉の種類や調理方法にあります。トルコのパストゥルマは牛肉が主で、香辛料やハーブをまぶした後、数日間熟成させます。一方、エジプトのバステルマは羊肉や鶏肉を使用し、塩漬けにした後、乾燥させることが一般的です。

日本でもこれらの料理は人気があり、専門のレストランや土産物店で購入できます。しかし、その歴史や調理法については、一般的にはあまり知られていません。この記事では、パストゥルマとバステルマの謎を解き明かし、これらの料理の魅力をお伝えします。

トルコ発祥の肉料理の歴史|パストラミビーフの起源

created by Rinker
アンブロシア
¥3,690 (2024/04/22 03:07:53時点 Amazon調べ-詳細)

トルコでは古くから、豚肉をはじめとした様々な肉料理が食べられてきました。パストゥルマはその一例で、一説によれば古代ローマ時代から存在するとされています。この料理は、香辛料とハーブをまぶして熟成させた肉であり、現在では牛肉が主に使われます。

また、乾燥させることで長期保存が可能であるため、かつてのトルコの人々にとって貴重な保存食でした。この料理はヨーロッパやアメリカにも伝わり、現在でも多くの人々に愛されています。

エジプトでの人気を誇るバステルマ

バステルマはエジプトで人気のある肉料理で、その名前はアラビア語で「切る」という意味を持っています。バステルマは羊肉や鶏肉を使用し、塩漬けにした後、乾燥させることが一般的です。そして、トルコのパストゥルマと同様に、熟成させた肉に香辛料やハーブをまぶします。

エジプトでは、バステルマをパンにはさんで食べることが一般的で、家庭料理としても親しまれています。また、エジプトを訪れる観光客の間でも人気が高く、土産物としても喜ばれています。

一般的なパストゥルマとその他のバリエーション

パストゥルマは基本的に牛肉を使い、香辛料やハーブをまぶした熟成肉ですが、その他にも様々なバリエーションがあります。例えば、羊肉や豚肉を使用する場合もありますし、地域によっては魚や鶏肉を使ったものも存在します。また、調理方法や味付けについても、家庭や店舗ごとに微妙な違いがあります。

しかし、どのバリエーションにも共通しているのは、塩漬けにして乾燥させることで長期保存が可能であることと、香辛料やハーブで味付けを行う点です。これらのポイントが、パストゥルマの魅力を引き出しています。

ペペロンチーノのような香辛料が決め手

パストゥルマやバステルマの一番の特徴ともいえる香辛料は、料理に深い味わいと風味をもたらします。ペペロンチーノのようなピリッとした辛さがある香辛料がよく使われ、それが絶妙な味のアクセントになっています。また、刺激的な辛さとハーブの香りが相まって、肉本来の旨味を引き立てる効果もあります。ペペロンチーノなどの香辛料が、パストゥルマやバステルマの決め手となっているのです。

パストゥルマを楽しむ方法

パストゥルマは、トルコ発祥の薄切り肉を乾燥させた保存食です。主に牛肉や羊肉が使われ、香辛料とニンニクで味付けされています。このパストゥルマを楽しむ方法には、いくつかのバリエーションがあります。

まずは、そのまま食べる方法です。薄切りにされているため、そのまま口に入れると肉の風味と香辛料が口いっぱいに広がります。パンに挟んでサンドイッチ風にするのもおすすめです。

また、パンと一緒にチーズやヨーグルトを添えて食べるのも美味しいです。チーズは、パストゥルマの塩味を中和し、ヨーグルトは口の中をさっぱりさせます。

さらに、焼いて食べる方法もあります。パストゥルマを少し焼くことで、香ばしい香りが増し、食感も変化します。焼いたパストゥルマに卵を加えたトルコ風オムレツも人気です。

最後に、パストゥルマを使った料理も楽しんでみましょう。パスタやピザ、サラダに加えるだけで、一風変わった味わいが楽しめます。

自宅で簡単パストゥルマレシピ

自宅で簡単にパストゥルマを作る方法を紹介します。まず、薄切りの牛肉や羊肉を用意します。次に、香辛料としてパプリカ、ニンニク、唐辛子などを用意し、これらをすり潰してペーストにします。

肉にペーストを塗り込み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせます。翌日、余分なペーストをふき取り、肉を乾燥させるための網にのせます。風通しの良い場所で2週間ほど乾燥させれば、自家製パストゥルマの完成です。

この自家製パストゥルマを使って、パンに挟んで食べたり、さまざまな料理にアレンジして楽しんでみましょう。

アラブ風パストゥルマピザの作り方

アラブ風パストゥルマピザの作り方を解説します。まず、ピザ生地を作ります。市販のものでも構いませんし、手作り生地もおすすめです。生地の上に、トマトソースやオリーブオイルを塗ります。

次に、具材を乗せます。パストゥルマの他に、チーズ、トマト、ピーマンなどお好みの野菜をトッピングします。チーズは、モッツァレラチーズやフェタチーズが合います。

具材が乗ったら、200℃のオーブンで約15分焼きます。具材が焼きあがったら、刻んだハーブを散らして出来上がりです。アラブ風パストゥルマピザを楽しんでください。

イスタンブールでのおすすめパストゥルマ店

イスタンブールでは、多くのパストゥルマ専門店がありますが、その中でもオススメの店を紹介します。

まず、「Küçük Erzurum」は、創業100年以上の老舗で、伝統的な製法で作られたパストゥルマが評判です。また、「Karadeniz Pastırma」は、トルコ各地のパストゥルマを取り揃えているため、種類豊富に楽しめます。

そして、「Namlı Gurme」というデリショップでは、パストゥルマの他にもチーズやオリーブなど地元の食材が豊富に揃っています。イスタンブールに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

お土産にピッタリなパストゥルマ選び

お土産にピッタリなパストゥルマを選ぶポイントは、品質と風味です。まず、肉質が良いこと、きちんと乾燥されていることが大切です。また、スパイスの風味が豊かであることも重要です。

パストゥルマの際立った特徴は、香辛料とニンニクの風味です。試食ができるお店で、自分の好みに合った味のものを選ぶことがオススメです。また、信頼できるお店やブランドを選ぶのも良いでしょう。

似て非なるパストゥルマとハム、ベーコン

パストゥルマはトルコやエジプト、アラブ民族の間で広まった肉の保存食で、羊や牛の肉を薄く切り塩漬けにし、香辛料やハーブで香り付けし乾燥させたものです。対してハムは、豚肉を塩漬けにして乾燥させ、場合によっては燻製にすることが多いです。ベーコンもハムと同じく豚肉を使用し、塩漬けや燻製を行う保存食ですが、ハムとは異なり脂肪分が多く含まれる部位を使用します。

これら肉の保存食は、それぞれ独自の味わいや特徴があり、国や地域によって異なる調理方法が用いられています。特にトルコ料理では、パストゥルマを使ったさまざまな料理があるため、食文化を理解する上で非常に興味深い存在となっています。

パストゥルマとハムの違い

パストゥルマは羊や牛肉を使用し、独特の香辛料やハーブで風味付けされます。一方、ハムは豚肉を塩漬けにし、燻製にすることが一般的で、風味が異なります。また、パストゥルマはトルコや中東の国々に浸透しているのに対し、ハムはヨーロッパやアメリカで広く知られています。

ベーコンとの類似点と相違点

ベーコンはハムと同様に豚肉を使用し、塩漬けで保存される点で類似しています。しかし、ベーコンは脂肪分が多い部位を使用し、特有の風味と食感が楽しめます。パストゥルマとの相違点は、使用される肉の種類や風味付けに使われる香辛料やハーブが異なることです。

世界各国での肉の保存方法

肉の保存方法は、世界各国で様々な形をとっています。これらの方法の多くは、塩漬けや乾燥、燻製などの手法が用いられています。イタリアでは生ハムやソーセージ、ギリシャではソヴラキ、アメリカではジャーキーなど、多彩な肉の保存食が存在しています。これらの保存方法は、長期間美味しく肉を楽しむことができるため、世界中で愛され続けています。

パストゥルマとバステルマのまとめ

パストゥルマ、ハム、ベーコンは、それぞれ異なる肉の種類や風味付けが施された保存食です。トルコ料理に欠かせないパストゥルマは、他の保存食とは異なる香辛料やハーブを用いた独特の風味が魅力です。興味を持った方は、ぜひ様々な肉の保存食を試してみて、違いを楽しんでみてください。

-干し肉まとめ