広告 魚介の干物

するめとあたりめ、何が違う?イカの干物の知られざる魅力と使い分けのポイント

あたりめ

あたりめ

するめとあたりめ、それぞれの意味とは?

するめとあたりめは、どちらもイカを使った乾燥食品ですが、その意味や特徴に違いがあります。

まず、「するめ」と聞くと、スルメイカを使用しているように聞こえますが…実はイカを原料として、内臓を取り除いて乾燥させたものであるならイカの種類は問いません。なので、ヤリイカ、ケンサキイカ、ブドウイカ、スルメイカ、トビイカ、アオリイカ、モンゴウイカと、多くの種類のイカが使用されます。

そして、「あたりめ」は、するめの「スル」がスリと同じで縁起が悪いとのことから別名を与えられたものです。

要はするめとあたりめは同じものということですね。

ただし、定義としては曖昧なものの、その形状には違いがある傾向です。

この記事では、それぞれの意味や由来について詳しく解説し、違いを理解して頂くことを目指します。

最後に、それぞれの語源が何かを調べる方法や、どちらも美味しい食べ方なども紹介していきますので、お楽しみに!

 

するめの定義と歴史

「するめ」は、日本の伝統的な食品であり、イカを一枚皮に剥いで内臓を取り除き、乾燥させたものを指します。

また、江戸時代から現代にかけて、酒の肴としても親しまれています。

するめの歴史は古く、その起源は中国にも遡ると言われていますが、日本での普及は主に江戸時代中期からで、民間にも広まりました。

するめは、保存性が高く、栄養価も高いことから、健康にも良いとされ、庶民からも愛される食品となっています。

あたりめの定義と由来

created by Rinker
博屋
¥3,180 (2024/04/22 03:17:10時点 Amazon調べ-詳細)

「あたりめ」は、アオリイカやケンサキイカなど様々な種類のイカを使った乾燥食品であり、形や味も多種多様です。

あたりめの由来に関しては、一説によれば、「あたり」とは「当たり前」や「間違いなく」といった意味とされ、最も一般的なイカの乾燥食品であることから「あたりめ」と呼ばれるようになったとされています。

また、「め」は「目」の意味であり、「あたりめ」は「イカの目を当てる」縁起物とされていたことが由来であるという説もあります。

するめとあたりめの形状の違い

するめの形状は裂きイカや、ゲソ、姿のままなど様々な種類が販売されていることが見て取れます。

一方、あたりめの形状は裂きイカ状であることが多いでしょう。

姿のままの干しイカで、あたりめと名前づけられているものは少ないです。

というのも、イカ製品を多く販売している株式会社なとりでは、以下のように定義しているからです。

なとりでは、いかの内臓を取り除いて素干しや機械で乾燥させたものを「するめ」、 「するめ」を食べやすく裂いたものを「あたりめ」と呼び区別しています。

引用:するめとあたりめは何が違うの

大企業が与える影響は少なくないでしょう。

サイトで検索されるするめとあたりめの語源

インターネット上で「するめ」や「あたりめ」の語源について検索すると、様々なサイトが登場しますが、共通する情報として、「するめ」は「酢」や「機」に由来するとされることが多いです。

また、「あたりめ」は前述のように、「あたり」とは「当たり前」や「間違いなく」といった意味で、「め」は「目」を意味するとされることが多いです。

語源の詳細については、インターネット上の様々なサイトや辞書を参照することで理解できます。

どちらもイカ製品!違いを理解しよう

するめとあたりめはどちらもイカ製品であり、共通点も多いですが、違いを理解することで、それぞれの特長や美味しさを最大限に味わえるでしょう。

違いとしては、原料や形状、味などが挙げられますが、どちらも乾燥食品であることから、保存性や栄養価が高いという共通点があります。

また、日本の伝統的な食品であることから、風味や食感も豊かで、その美味しさを楽しむレシピや食べ方も多く存在します。

ぜひ、違いを理解し、それぞれの美味しさを堪能してみてくださいね。

するめとあたりめの生産・加工方法

するめとあたりめは、どちらもイカを乾燥させた食べ物で、生産・加工方法に違いはありません。

するめは、イカの内臓を取り除いた後、広げて天日で乾燥させることで作られます。この方法では、イカの味が濃縮され、おつまみや料理に最適です。

また、加工方法によっては、あたりめに薄く切ったものがあり、これは初対面の人に親しみやすいお土産としても喜ばれるでしょう。

アオリイカ、ヤリイカ、ケンサキイカなど、使用されるイカの種類と特徴

するめやあたりめの原料となるイカには様々な種類がありますが、スルメイカ、アオリイカ、ヤリイカ、ケンサキイカなどが特に人気です。

アオリイカは肉厚で柔らかく、味が濃いため、乾燥させても美味しい味が引き出されます。また、アオリイカは他のイカと比べて足が長く、見た目も華やかです。

ヤリイカは、身が緻密で風味が良いのが特徴です。包丁で細かく刻んで、天日干しにすれば、香ばしさが引き立ちます。

ケンサキイカは、身が透明感があり、味もやわらかいのが特徴です。また、乾燥することで甘みが増し、上品な風味が楽しめます。

これらのイカの違いを知っておくことで、料理やおつまみ選びに活かすことができます。

味と食感の違い

するめとあたりめは、加工方法や使用されるイカの種類によって、味や食感が異なります。

するめは皮つきで乾燥させるため、食感がしっかりとしており、噛むと歯ごたえが楽しめます。そのため、お酒のおつまみや炊き込みご飯などの具材としてよく使われます。

あたりめは皮を剥いて乾燥させるものもあるため、食感が柔らかく、口に入れるとすぐに溶けるような感覚が楽しめます。そのまま食べるのはもちろん、サラダや和え物などにも使われます。

また、味に関しても、するめは濃厚な味わいが特徴で、あたりめは上品な味わいが楽しめます。これらの違いを理解することで、使い分けがより簡単になります。

料理や保存方法でどちらを選ぶ?使い分けのポイント

料理や保存方法によって、するめとあたりめを使い分けるポイントをご紹介します。

料理において、強い味付けや煮込み料理にはするめが適しています。また、あたりめは、和え物やサラダなどに使うと、食感が楽しめます。

保存方法では、どちらも乾燥させた食品であるため、湿気を避け、密封した容器で保管しましょう。また、冷暗所での保存が望ましいです。

どちらを選ぶかは、料理の種類や食べたい食感によって異なりますので、自分の好みに合わせて選んでみてください。

するめを使った定番料理とレシピ

するめはイカの乾燥させた食品で、その独特の味が人気です。定番料理には、スルメの炙り焼き、スルメの煮込み、スルメの刺身、スルメのお寿司などがあります。それぞれのレシピは簡単で、色々な食材と組み合わせることができるので、お好みに合わせて試してみてください。また、スルメはお酒にも合うので、おつまみや飲み会の定番メニューとしても楽しめます。

あたりめを使った定番料理とレシピ

あたりめはスルメと同じくイカの乾燥させた食品ですが、その名前の由来はイカの「当たり」部分を使っていることからきています。定番料理には、あたりめの炙り焼き、あたりめの煮込み、あたりめの天ぷら、あたりめのお寿司などがあります。あたりめもスルメ同様、さまざまな料理に活用することができ、お酒にも合うので、食卓に彩りを添えられます。

開封後の保存方法と賞味期限について

スルメやあたりめを開封した後の保存方法はシンプルです。まず、乾燥させたイカを密閉容器に入れ、冷暗所で保管してください。賞味期限については、未開封の状態であれば長期間もちますが、開封後は劣化が進むので、できるだけ早めにお召し上がりください。また、乾燥状態を保つため、保存容器には乾燥剤を入れると、より長持ちします。

中国や江戸時代から親しまれる縁起物としての意味

スルメやあたりめは、古くから中国や江戸時代の日本で親しまれていました。その理由は、幸運を呼ぶ縁起物としての意味があるからです。イカの形がお金に似ており、特にスルメは金運や商売繁盛の象徴とされていました。また、イカはたくさんの卵を産むことから、子孫繁栄の縁起物ともされています。江戸時代には、スルメやあたりめは博打に勝つための縁起物とされ、今でもおめでたい席やお祝い事では、スルメやあたりめが登場することが多いです。

中国での縁起物としての歴史と由来

中国では、スルメは古くから縁起物とされていました。その歴史と由来は、お金に形が似ていることが理由の一つです。乾燥させたイカは、古代中国の貨幣に似た形をしており、富を象徴していると信じられていました。

また、中国語でイカを「瑞(め)」と言うのですが、この言葉は「寿(さき)」や「禄(ろく)」といった縁起の良い意味を持っています。そのため、中国ではイカの乾燥食品であるスルメは昔から幸運を引き寄せる縁起物として扱われているのです。

さらに、中国料理ではスルメがよく使われており、特に節目やお祝いの日には縁起物であるスルメが食卓に並びます。これには、豊かな味わいと栄養価の高さから、祝い事にふさわしい食材とされていることも理由の一つです。

現在では、中国でスルメは高級食品としても扱われており、贈答品や土産としても人気があります。

日本での縁起物としての歴史と由来

日本でも、スルメは古来より縁起物とされています。江戸時代には、博打好きの人たちがスルメを持ち歩いていたという話もあります。その理由は、スルメが「当たり」という言葉に通じることから、博打で勝とうという願いが込められていたからです。

また、日本ではスルメだけでなく、あたりめも縁起物とされています。あたりめは、イカの内臓を取り除いてから縦に薄くスライスして乾燥させたもので、スルメとは違い、薄くて軽い食感が特徴です。

あたりめの名前の由来にも縁起の良さが関係しています。実は、「あたりめ」は、「当たり女」という意味で、「女性に縁がある」という縁起をかつぐとされていました。

スルメとあたりめは、どちらもイカを主原料にした乾燥食品であり、江戸時代以降、庶民の味覚を代表する食べ物となっています。現在では、普段の食卓やおやつとしても楽しまれているだけでなく、節目やお祝い事に縁起物としても扱われています。

まとめ:するめとあたりめ、どちらを選んでも美味しく楽しめるイカの干物

結論として、スルメとあたりめはどちらもイカを使った美味しい乾燥食品です。しかし、それぞれ異なる食感と味わいがあり、どちらも魅力的な縁起物であると言えます。

スルメは厚みがあり、噛み応えがある一方、あたりめは薄くて軽い食感が特徴です。どちらもお酒の肴や、小腹が空いたときのおやつとして楽しむことができます。

また、中国と日本でそれぞれ縁起物とされている歴史や由来も興味深いですね。ぜひ、普段の食卓やお祝い事に、スルメとあたりめを取り入れて、楽しく美味しいイカの干物を味わってみてください。

-魚介の干物